葬儀の喪主の挨拶とは

葬儀における喪主の挨拶について

葬儀における喪主の挨拶

一般的に葬儀では、喪主というものが存在します。主人公はあくまでも故人ですが、その個人の親近者が喪主となり、その人物を中心に事が運びます。一例ですが、故人が親であればその長男、あるいは配偶者、もしくはその二人がなるのが一般的です。その葬儀の中で挨拶をする場面があります。出棺の時や、おときの席などでその場面がありますが、そこではとにかく、お見送りして頂いた皆さん、列席された方々への;感謝の気持ちを忘れてはいけません。ありがとうございましたというフレーズは必須です。さらには今後も変わらずのお付き合いをして頂きたいこと、見守ってもらいたいことなど、素直な気持ちを伝える挨拶が大切です。

葬儀での喪主の挨拶は

葬儀での喪主の挨拶は、一定のパターンがあるので、これに基づいて行うのがいいでしょう。まずは、本日はご多忙の中...と、ご会葬賜ったことへのお礼を述べます。続いて、おかげさまで通夜・告別式を滞りなく執り行うことができした...と、葬儀参列者へ感謝の言葉を述べます。さらに、喪主としては、亡くなった方の最近の様子、病気のこと、亡くなった原因などを紹介し、あらためて故人が生前お世話になっていたことに、感謝の言葉を申し上げ、残された遺族にも、これまで同様ご支援ご厚誼を賜りたい旨を述べ、挨拶を締めくくります。長すぎず、短すぎず、早すぎず、ゆっくり過ぎず、が大切です。

新着情報

↑PAGE TOP