葬儀の喪主の服装とは

葬儀のときの喪主の挨拶について

葬儀での喪主の服装について

葬儀での喪主の服装は、男性の場合、シングルかダブルのブラックスーツを着用します。シャツは白無地のもの、ネクタイは黒無地でネクタイピンはつけないのが基本です。また靴下も黒無地で、靴は金具のない黒が望ましいです。そして、葬儀での喪主の服装で女性の場合は、黒のワンピースかスーツで、肌の露出の少ないものが基本です。さらに、靴やバッグは黒の布製のものが正式ですが、金属や飾りがないもので、光沢のない革製のものでも良いとされています。和装の場合は、黒無地で季節にあった素材のものを着用し、半襟や足袋、じゅばんは白で、帯や草履、バッグなどは黒で統一します。

葬儀で喪主になった場合の服装は

葬儀で喪主を務めるときの服装はどのようなものにしたらよいでしょうか。男性の場合は、最近ではほとんどの方が洋礼装を着用するようです。黒のモーニングに黒のネクタイが正式なスタイルになります。喪服を着用するならば、ネクタイをゆるめたり上着を脱いだりすることは控えましょう。葬儀で喪主になる女性の方の服装は、洋装の場合は黒無地のワンピースを着用しボタンやベルトなども光沢のない同じ布地のものにしましょう。アクセサリーは、付けないのが基本ですがパールのネックレスやイヤリングはつけても大丈夫です。和装の場合は、羽二重の染抜きの五つ紋をつけた黒の無地が正式喪服になります。帯は、絽か紗の黒の名古屋帯が一般的とされています。

↑PAGE TOP