葬儀の喪主の決め方

葬儀の喪主は誰が務めるのか

葬儀の喪主はどう決めたらいい?

葬儀全般を取り仕切る役目の喪主。誰が引き受けたら良いのでしょうか。現在では、亡くなった方に最も縁が深く、遺族を代表する人が務めることが多くなっています。夫婦の場合は配偶者が、親の場合は長男に限らず生前によくお世話をした人が務めるケースも増えています。また、共同で務めることも可能です。ただし、葬儀の喪主は遺族で話し合いをして決めることが大切です。誰がすべきという決まりはありませんが、引き受けた人が葬式代の支払いや以後の法事を取り仕切る役目を背負うことになります。責任を持って故人を供養できる人を選びましょう。

喪主を務めるのは誰ですか?

葬儀を執り行うとき、喪主を誰にするかは、故人の指定がなければ話し合いで決めて構いません。以前は、家と財産を継ぐ長男が葬儀を取り仕切るというのが当たり前でした。その名残で現在でも長男が務める場合が多いですが、誰が務めても問題はありません。今では喪主=遺族の代表という考え方が一般的になり、故人の配偶者であったり、子供の中でも長男に限らず同居していたりよく故人の世話をした人が務めるというケースも増えています。故人に代わって弔問を受けるという立場ですから、故人に最も近しい方の中から選ぶのが一般的になっています。

↑PAGE TOP